感染予防対策

道具(プライヤーといいます)も滅菌消毒

kaisen12
おそらく出張矯正医でプライヤーもオートクレーブ(高圧蒸気滅菌)を行っている先生はかなり少ないでしょう。なぜならすごく多くの本数が必要になり、滅菌消毒するためのスタッフも多数、必要だからです。多数の矯正患者が通院している矯正専門医院でなければコストの面から難しいと思います。

オートクレーブ


高圧蒸気滅菌器ともいい、高圧下で高温の水蒸気を使用して滅菌する方法です 。当院ではこのオートクレーブを2台設置しており熱処理できる器材はすべてオートクレーブにかけています。
矯正治療にはプライヤーという道具が必須なのですが、矯正歯科専門以外で、その道具を数多く取り揃えている歯科医院はそう多くはありません。
滅菌消毒するにもスタッフを必要とし人件費も道具のコストもかかります。しかし当院ではそこに重きを置き多数の道具とスタッフを動員し、患者様一人ひとりに滅菌した器具を提供して感染対策を行い、安心して通っていただけるようにしております。

自動洗浄機

使用した器具、器材は手洗い洗浄する歯科医院が一般的ですが、人から出る垢や血液などのタンパク質汚れは落ちにくいのが現状です。
当院では自動洗浄器を導入しておりますので手洗いよりも効率よくかつ、レベルの高い洗浄ができます。高圧洗浄し落ちにくいタンパク質の汚れもしっかり洗浄、また汚染器具を人の手を介さずに洗浄・消毒・乾燥を行ってくれるので作業効率向上及び感染防止も期待できます。
当院で導入しているミーレジェットウォッシャーは国際規格(ISO15883)に準拠した高性能洗浄器です。

歯並びをきれいに